読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資家・購入者のための固定資産税豆知識

固定資産税から見る不動産投資価値と評価:元固定資産税評価担当者が固定資産税を考察する

固定資産税の家屋調査を拒否して価値があるのか!?よくある話

行政
 

固定資産税の家屋調査を拒否

税金を払うもんかという人がいますね。

特に税務署に税務調査を頻繁にされて、怒っている人とか。

 

しかし、家屋調査には協力をした方がいいです。

その理由は、そもそも確認作業であって評価はそれほど変わりません。

固定資産税が高くなると思い込んでいる人もいるでしょうが、調査を受けないと外観課税となります。

 

その時に後日損をするのは家屋所有者かもしれません。

 

続きを読む

3年毎の固定資産税評価替えは、どうやって調査をしているのか!?

行政
 

東京などの都市部と地方では違う

東京などは航空図面で現状を把握をします。

こうやって調査をしているのです。

 

現状を調査をして、それをしっかりと把握をする。

毎年行っている業務とは別に評価替えの両方をやるので、忙しいのは事実です。

特に固定資産税路線価をつけることが結構大変な作業でもあります。

 

担当官は全筆を一応、見直をしをします。

現況や画地の評価方法など。

続きを読む

亡くなっている人への課税!固定資産税で起こる相続の問題と遺産トラブル

納税
 

固定資産税はそもそも誰に課税をされるのか

税法では登記簿に登記をされている所有者に課税するとは言っていません。

「現に所有する者」と記述をされています。

 

あれ、登記簿に記述がある人物ではないのかとなりますよね。

これには2つの意味があります。

 

1 原則、登記されている人物が所有者

2 登記されていない場合は、所有者とされる人物に

 

例えば、田舎で登記されていない家屋はどうなるか。

それは2番となります。

 

そして、所有者が亡くなっている場合も2です。

続きを読む

固定資産税と同時に併記されている都市計画税とは何か?

納税
 

都市計画税とは何か

そもそも都市計画とは何かということになりますが。

都市計画法という法律があります。

簡単に言えば、地域によってこの整備するための法律があります。

 

建ぺい率や用途などが規定をされています。

都市計画には都市計画区域、調整区域、都市計画外区域。

このような感じで分かれています。

そして、この都市計画税が課税をされているのが都市計画区域です。

 

これがかからない地域があるのかと思った方もいるでしょうが。

基本的に、都市部でかかっていない地域は皆無だと思います。

 

続きを読む

一人で購入予定の土地や家屋の状況を調べる方法!特に競売物件は念入りに

不動産購入
 

真面目な不動産屋さんが一番ですが

信頼できる不動産屋さんに聞くのが一番なのですが。

接遇がひどい会社から、丁寧な会社まであります。

しかし、不動産って結局自己責任で購入するしかありません。

 

最近は不動産投資がブームというか、主婦や若年層まで広がりすごいなと思う反面。

そんな人たちが参入をしている時点で正直怖いです。

 

つまり、プロはある程度の利回りをリスクとの対比で確保していくもの。

しかし、相場を知らない人は表面利回りだけで考えがちです。

 

世の中の賃貸マンションというのは、大体埋まる場所があります。

例えば、大きな駅の近くなど。

 

そこから徐々に埋まっていき、最後に遠いところが埋まるというものです。

賃料にもよりますが、それよりも広さや利便性がありますし。

 

続きを読む

固定資産税滞納と住宅ローンの関係!役所に折衝する時に重要なポイントと打開策

納税

 

納税しないという危険性と打開策

私は、税金徴収をしていたことがあります。

営業マンの家賃代わりに住宅ローンへの返済という甘い言葉に騙されることは基本止めた方がいいです。

 

何度も、これで生活が破綻をしかけている人を見ました。

ギリギリの状況で購入することはリスクです。

 

特に新築は以前も書きましたが、買った瞬間から価格が下落をするのです。

欧米の場合は、価格が上がるというのが現時点では常識となっています。

それは、土地というのは有限だからですが・・・。

 

同時に日本のようにマンションが中古となって下落ということになっていない事情があります。

続きを読む

新築が良いか、中古が良いか。都心でマンション購入を考えた時にチェックするポイント

不動産購入
 

新築が好きな日本人

日本の新築マンションはまだできていない時点で販売をする。

確かに建てているのが、大手企業であるということも安心感があるのだろうが・・・。

 

マンションというのは価値は立地や築年数など色々とあるのは分かります。

しかし、一番は住民や管理体制です。

 

今、話題の湾岸のマンションの中国人の迷惑行為。

いくらキレイなマンションでも、こういった住民がいたらストレスです。

高額なマンションだからと言って、誰が購入をしているのか分からないのが現状です。

 

続きを読む

固定資産税評価額や相続税路線価による評価額は不動産投資に利用できるのか

不動産投資
 

あってないようなのが不動産価格

不動産業界において、本当に大雑把だなと思う社長が多かった。

そもそも、新規顧客の取り合いでリピーターという概念がないのような気がします。

 

不動産購入というのは投資をしている人でもそうそう何度も買うものではありません。

私も何度も賃貸で話をして、気分が悪くなるような担当に遭遇をしました。

 

一度、カギを貰って中を見せてそれで10万、20万ということもある不動産取引。

それを考えたら、1個売って100円という業界とは比べようがないアドバンテージがあるのですが・・・。

 

良いお店なら数度使ったことがあります。

そんな不動産業界を信用ができないと思い、自己責任で不動産価値を算定しようとしたとします。

 

その時に公の役所が評価をしたものが使えるのかどうか。

少し考えてみましょう。

続きを読む

固定資産税の時効と役所が当初より強行になる時期と理由

行政

 

税金の時効は5年

税の時効は5年です。

つまり、5年経過すると法的に消えることになります。

 

それならだんまりを決めて時効を待てばいいと思うでしょう。

軽率な判断をしないようにおすすめします。

 

市町村の税務部や税務署・国税局などはなんとしても時効を止めるために行動を起こします。

よって、時効が迫っているのに悠長に相談へ対応をしてくれません。

続きを読む

固定資産税の税金滞納で起こること&自己破産をしても税金は免責にならないこと

行政
 

税金滞納という重要な固定資産税への対応

所得税や住民税は所得に課税をします。

したがって、経費を引けば課税対象がゼロならゼロです。

 

では、所得税がゼロなら固定資産税はゼロかと言えばそうではない。

昔、うちの上司がよく言っていました。

「固定資産税は所得がなくてもかかる税金です」と。

 

不動産を持つリスクという一つにはコレがあります。

他には生活保護も受給が基本的にできません。

よっぽどのあばら屋で、資産価値がゼロなら大丈夫でしょうが資産を売却するように言われます。

持っていると日本でも他の国でもそれなりの社会的コストがかかるものです。

続きを読む